ニュース

「横断歩道は歩行者が絶対優先」警察と企業が交差点で呼び掛け 高松市

ADVERTISEMENT

 高松市で、警察と企業が連携してドライバーに横断歩道での一時停止などを呼び掛けました。

 20日朝は、高松市内の5つの交差点で警察官や保険会社の従業員らがのぼりを持って、ドライバーに横断歩道での歩行者優先を呼び掛けました。この取り組みは、高松北警察署が2021年1月から毎月行っているものです。

 1月7日、高松市では横断歩道を渡っていた87歳の男性がトラックにはねられて亡くなりました。

 JAF・日本自動車連盟が2021年、信号機のない横断歩道で車が一時停止する割合を調べたところ、香川県は25.2%で、全国平均を下回りました。

(高松北警察署/大森一憲 交通第二課長)
「ドライバーの方は横断歩道は歩行者が絶対優先であること、横断歩道の手前では必ず減速して、また、歩行者がいる場合は必ず一時停止することを心掛けてください」



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース