ニュース

岡山県 全日制私立高校の入試倍率「5.19倍」 最高倍率は就実の51.90倍

ADVERTISEMENT

 岡山県の全日制私立高校の入試の出願状況がまとまりました。倍率は5.19倍で、9年連続で5倍以上となりました。

 岡山県私学協会が、1月27日と28日に入試を行う21校の出願者をまとめました。

 定員5415人に対してのべ2万8120人が出願し、倍率は5.19倍になりました。2021年を0.11ポイント上回り、9年連続で5倍以上の高い水準が続いています。

 倍率10倍を超えているのは5校の5学科9コースです。

 最も高いのは、就実の普通科特別進学コース「ハイグレードクラス」で51.90倍です。一方、岡山と岡山県作陽の2校2学科が定員割れとなっています。

 岡山県作陽では定員割れについて、2023年4月に倉敷市へ移転するのが影響しているのではないかと分析しています。



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース