ニュース

蒜山高原で育ったヤマブドウで…ワインの仕込み 岡山・真庭市

 岡山県真庭市のワイナリーで、蒜山高原で育ったヤマブドウの仕込みが行われています。

 真庭市のひるぜんワインは、自社農場など約8ヘクタールでヤマブドウを栽培しています。今年は例年より1週間ほど早く、9月18日に収穫が始まりました。

 夏場の猛暑によって一部の実がしおれるなどしましたが、全体では例年並みの収穫量が見込めるということです。

 ワイナリーに持ち込まれたヤマブドウは、機械で実を取り外したあと約20日間、発酵させます。その後、「しぼり」や「熟成」などの過程を経てワインとして出荷されます。

 ここで作られた山葡萄ロゼは今年、アジア最大級のワイン審査会、「ジャパン・ワイン・チャレンジ」で2015年に続いて2回目の金賞を獲得しました。

 ひるぜんワインの仕込みは10月中旬まで行われます。

新着ニュース