ニュース

1年で最も火災が多い時期…春の火災予防運動スタート 岡山駅前で園児らがセレモニー

 春の火災予防運動が始まりました。岡山駅前では消防職員や保育園児らによるオープニングセレモニーが行われました。

 春の火災予防運動は毎年この時期に全国で実施されています。岡山駅前では、市内の園児らが太鼓やキーボードなどの演奏を披露しました。

 岡山市消防局によると、今年1月から2月28日までに38件の火事が起きていて、そのうち22件は建物火災ということです。

(岡山市消防局予防課/武下哲也 課長) 「年間で最も火災が多い時期なので、火を取り扱う場合は十分な注意をしてほしい」

 岡山県の住宅用火災警報器の設置率は、75.7パーセントで全国平均を下回っています。

新着ニュース