ニュース

特集

【特集】東日本大震災から8年  広がる支援と交流の輪

 今回の特集は、東日本大震災の発生から8年、被災地の今を見つめ直します。

 2011年の3月11日、巨大な揺れと津波が東北地方などの沿岸を襲い、1万5897人が亡くなり、今も2500人以上の方の行方が分かっていません。私たちは地震発生後から被災地におもむき、多くの人に出会い、あの日の出来事について耳を傾けてきました。

 今回、現地で支援を続ける岡山の男性と、宮城県で被災した男性に再会し、それぞれの思いを聞きました。8年経った今もなお、支援と交流の輪は広がり続けています。    

新着ニュース