ニュース

自然が生んだアート 新屋島水族館で芸術的な生き物の展示 高松市

 高松市の新屋島水族館で、ちょっと変わった展示会が始まりました。並んでいるのは色や形が特徴的な生き物です。

(記者) 「キンチャクダイの一種、タテジマキンチャクダイという魚なんですが、幼魚の時は模様が縦に、しかし、成長するにつれて模様が横縞に変わるんです」

 高松市の新屋島水族館は、4月に始まる瀬戸内国際芸術祭に合わせて、見た目が芸術的な生き物を集めたコーナーをつくりました。

 ディズニー映画でおなじみのカクレクマノミ。  その仲間でオーストラリア近海のサンゴ礁に生息するぺルクラ・アネモネフィッシュは、カクレクマノミより、黒い部分が多いのが特徴です。

 また子どもに大人気のチンアナゴも展示されています。顔が犬の「チン」に似ていることから名前がつけられました。

 ほかにも顔が愛くるしいカエルアンコウや、真っ赤な体と白い足のシロホシアカモエビなど、どの生き物も個性的です。

 この特別展は新屋島水族館で5月6日まで楽しむことができます。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース