ニュース

百十四銀行が昨年度の決算を発表 単体では2年連続で減収減益 香川

 百十四銀行が昨年度の決算を発表しました。単体では2年連続で減収減益となりました。

(百十四銀行/綾田裕次郎 頭取) 「一言で申し上げて今回の決算は非常に厳しい決算だったと考えています。(中期経営計画で)3つの目標を掲げているがまだ中間点ではございますけれども、どれも達成できていないという点で、非常に厳しい決算だったと感じています」

 百十四銀行の昨年度の経常収益は、債券の売却益減少などの影響で前の年度より約35億円少ない688億円でした。  また、経常利益は資金運用収益の減少などで前の年度より約38億円少ない91億円でした。

 綾田頭取は、「今後も顧客のニーズに合ったサービスの提供で利益を上げ、店舗の統合などでコスト削減を目指す」と話しました。

新着ニュース