ニュース

インターネットサイトで高額支援うたう 特殊詐欺が相次ぐ 1月だけで被害額が7000万円超 岡山

 2020年に入って岡山県で「特殊詐欺」の高額被害が相次いでいます。1月だけで被害額が7000万円を超え、警察が注意を呼び掛けています。

 岡山県警によりますと井原市の40代の女性は、2019年9月から2020年1月にかけて携帯電話のインターネットサイトで知り合った相手から「私は過去に4億円の詐欺被害に遭ったが知らない人から支援を受けた。今度は私が支援する番」などと高額支援を約束するメールを受け取りました。

 そして支援を受けるための寄付金や手続き費用として、電子マネーなど2000万円以上をだまし取られました。

 このほか笠岡市や玉野市、浅口市でも特殊詐欺の高額被害が相次ぎ、2020年の被害総額が7000万円を超えました。

 岡山県の2019年の被害総額が約2億1860万円ですが、2020年1月だけで3分の1に達しました。

 岡山県警では「安易に高額金の支援などの話に乗らないでほしい」と注意を呼び掛けています。

新着ニュース