ニュース

岡山県で今年の「特殊詐欺」の被害額が3億円を超える 5月下旬には84歳男性が180万円を引き出される被害も

 岡山県で今年の「特殊詐欺」の被害額が3億円を超えました。すでに2019年の被害額を上回っていて、警察が注意を呼び掛けています。

 5月下旬、岡山市の84歳の男性に金融機関の職員をかたる男から「令和に替わったので後期高齢者還付金があります。通帳とキャッシュカードを取りに行きます」と電話がありました。    男性は代行業者を装った男に通帳とキャッシュカード3枚をだまし取られ、180万円を引き出されました。

 岡山県では今年に入ってからの特殊詐欺の被害額が3億円を超えていて、すでに2019年1年間の被害額を1億円近く上回っています。

 岡山県警では「怪しいと感じたらすぐに身近な人に相談してほしい」と注意を呼び掛けています。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース