ニュース

縫製会社が洗って再利用できる手作りマスク1000枚贈呈 児童養護施設の子どもや職員に配布予定 岡山

「マスク不足」が深刻ですが、岡山県倉敷市の縫製会社が自分たちで作ったマスク1000枚を岡山県に贈呈しました

 マスクを贈呈したのは、倉敷市で自動車のシートなどを縫製している渋谷商店です。渋谷商店では自動車のシートなどを裁断する機械を使ってマスクの生地を切り、職員が手作業で縫って1000枚を作りました。

 マスクは大小500枚ずつで洗って再利用可能です。

(渋谷商店/渋谷敏夫 社長) 「本当にマスクがなくて困っている方に届けていただければうれしい」

 岡山県では、児童養護施設の子どもや職員に受け取ったマスクを配布する予定です。

新着ニュース