ニュース

体長わずか2センチほど 日本一小さなトンボ「ハッチョウトンボ」 岡山・和気町

ADVERTISEMENT

 岡山県和気町の県自然保護センターで、日本一小さなハッチョウトンボを撮影しました。

 草にしがみつく小さなトンボ。体長わずか2センチほど、日本一小さなトンボ「ハッチョウトンボ」です

 赤いのはオス、生まれたばかりのオスはだいだい色ですが、成熟すると鮮やかな赤色に変わります。

 一方、こちらはメス。しま模様が虎のようだと言われています。

 ハッチョウトンボは日当たりが良く草丈が短い湿地に生息しますが、開発などの影響で減少しています。

 オスのハッチョウトンボが草にしがみついている理由は、縄張りを守るためです。ほとんど飛ばずに距離を保ちながら、メスが来るのをじっと待っています。


関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース