ニュース

中世の備前焼の窯を見学 焚口や陶片から伝統工芸のルーツ感じる 岡山・備前市

ADVERTISEMENT

 岡山県備前市で発掘調査が行われている、中世の備前焼の窯の見学会が開かれました。市の教育委員会が主催した見学会には、地域の人など70人以上が参加しました。

 こちらが2020年3月から発掘調査が行われている、弁天上池西1号窯跡です。
 平均27度の勾配に作られた穴窯は、長さ約13メートル。この中で窯焚きしていました。

(記者)
「こちらが窯に薪をくべる焚口です。中世の備前焼の窯で焚口が完全な形で発掘されたのは初めてです」

 焚口の周りには炭をかき出した跡が残っています。

 また周辺には、かめやすり鉢などの陶片が見つかっています。
 縁の形状が年代を特定する手掛かりになるということです。

(参加者は―)

「すごかった」

「大学で地質を専攻していた経験があって、そういった視点から備前焼を見るのが好きで」

「夫が備前焼作家なので興味があります。あんな風に昔の人も山深いところに登ってまで焚いてたんだなと。備前焼がどうやって作られたのか、一つの手掛かりになるのが大きくて、それを知ることで現在の備前焼の深みが感じられる」


関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース