ニュース

プロ野球ドラフト 倉敷工・福島投手が中日から4位指名「150キロ出してプロへ」 岡山

 26日に行われたプロ野球ドラフト会議で、岡山ゆかりの2人が指名されました。

 中日ドラゴンズから4位で指名された倉敷工業の福島章太投手は、「150キロ出して高校を卒業する」と次の目標を語りました。

(中日から4位指名/福島章太 投手) 「ようやく自分のスタートラインに立てたと思っています」

 中日ドラゴンズからドラフト4位で指名された倉敷工業の福島章太投手は、最速147キロのストレートが持ち味のサウスポー。  2年夏には、その年の覇者・岡山学芸館相手に8回1失点の好投を見せるなど注目を集めていました。

(福島章太 投手) 「自分が幼いころからずっと周りに何を言われてもぶれなかった夢でもあるので、一歩一歩少しずつ踏みしめて頑張りたいと思ってます。監督さんと約束して、150キロを出して高校生活を卒業するっていうのはかなえてから卒業したいと思ってます」

 備前市出身の福島選手、新天地について聞かれると…

Q.名古屋の印象は? (福島章太 投手) 「めちゃくちゃ都会ってわけでもなくて、田舎ってわけでもなくて良い場所だと思ってます。行ったことはないです」

 また、玉野商工出身で福山大学の山崎友輔投手は、巨人から育成10位で指名を受けました。  福山大学で1年生の秋からエースを務める最速149キロの右腕です。

新着ニュース