ニュース

JR四国の中間決算 53億円の損失で過去最大の赤字 香川

 JR四国が今年度の中間決算を発表しました。
 新型コロナウイルスの影響で営業収益は公表開始以来、最低となりました。

 

 JR四国のグループ会社を含めた今年度の中間連結決算は、営業収益が115億円で前年度を137億円下回りました。
新型コロナの影響で鉄道やホテルなどの収入が大幅に減少したことが原因で、2000年度の公表開始以来、最低となりました。
 西牧社長は、これまでも鉄道収入は厳しかったが、今回は様相が異なると話しました。

 

JR四国/西牧世博 社長)
「減収額が極めて大きいということ。2つ目は一過性にとどまらず長引くということ。3点目は鉄道だけでなくグループ全体に大きな影響を及ぼしているということであります」

 

 また中間純利益は53億円の損失となり、公表開始以来最大の損失額となりました。

関連ニュース

新着ニュース