ニュース

「幻のカカオ」のお味は? 世界各国のチョコレートの祭典 高松市のデパートで始まる

 2月14日のバレンタインデーに向け、世界各国のチョコレートを集めた催しが高松市のデパートで始まりました。

 高松三越が毎年この時期に開いている「スウィーツコレクション」です。初出店の10のブランドを含め、9つの国の約60のブランドが並んでいます。

 来場者が「密」になるのを防ぐため、2021年は前年より出店数を10店舗減らし、通路の間隔を広くしました。

 初出店のパリのチョコレート専門店「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」のチョコの詰め合わせは、「幻のカカオ」と呼ばれるクリオロ種を使用した大人な商品です。

 スペインの「カカオ・サンパカ」も今回初出店です。こちらで販売している「スモールミントベア」は、かわいらしい見た目とは裏腹に、ミントのホワイトチョコレートの本格的な味わいを楽しめます。

 「スウィーツコレクション」は、高松三越で2月14日まで開かれています。

関連ニュース

新着ニュース