ニュース

かつては鎌の柄にも使用 硬さ誇る木材代表「カマツカ」が咲かせる可憐な花 岡山市

 さわやかで可憐な姿です。里山などに自生する樹木「カマツカ」が白い花を咲かせています。

 こちらは岡山市で撮影したカマツカの白い花。カマツカは、バラ科の樹木で春から初夏にかけてウメの形に似た小さく白い花をたくさん咲かせます。

 カマツカは木材としては非常に硬いのが特徴で、かつてはイネや草などを刈る鎌の柄の部分に使われたことが名の由来とされています。

 日本では北海道から九州までの里山や山地に点々と生え、岡山県でも全域で見られる身近な樹木です。小さく可憐なカマツカの花が季節の移ろいを感じさせてくれます。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース