ニュース

「聖火ランナーになって一緒に」子どもたちが描いた絵 岡山市役所でお披露目!

 5月に岡山県で行われた東京オリンピックの聖火リレーで飾られる予定だった子どもたちの絵が、岡山市役所で初めてお披露目されています。

(絵を描いた児童の母親は―)
「息子が出してるんでうれしい、見てもらえるなら。頑張って描いてたんで」

(記者リポート)
「こちらにずらっと並んだ絵は聖火リレーの出発会場に飾られる予定でしたが、きょうまで日の目を見ることはありませんでした」

 これらの絵は岡山市立鹿田小学校の児童175人が「聖火ランナーになって一緒に走っている」様子を描いたものです。

 岡山市の第一走者の走路に飾られる予定でしたが、公道での聖火リレーが中止となり、23日に初めてお披露目されました。

 岡山市役所には他にも、トーチキスで実際に使われたトーチや当日の写真パネルなどが並んでいます。

 聖火リレー展示は25日まで開かれています。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース