ニュース

大雨続く岡山県北 西粟倉村や美作市などに「避難指示」 8日昼過ぎにかけ大雨や土砂災害に警戒を

 7日、岡山県で県北を中心に大雨が降り、西粟倉村、美作市、鏡野町、奈義町の一部にも「避難指示」が出ています。土砂災害などに十分に注意してください。

「避難指示」が出た西粟倉村では――

 西粟倉村は午後1時40分に村内全域に「避難指示」が出ました。18時現在雨は弱まっていていますが、1~2時間ほど前までは雨が断続的に強まっていたそうです。

 西粟倉村小学校には避難所が開設されています。現在3人が避難しています。

 避難された方に話を聞くと、「防災無線と役場の人から電話が来て、明るいうちに避難しなければと思い避難した」「一人暮らしなので安心だ。あしたの朝までここに入る予定」と話していました。

 西粟倉村では小学校や公民館など14カ所に避難所が設置され、午後6時現在で12人が避難しているということです。
 役場では7日夜から8日未明にかけて雨が強まることに備え、感染対策のパーティションや段ボールベッドを運び込む準備をしているということです。

大雨続く岡山県北「土砂災害警戒情報」や「避難指示」……8日午前4時には線状降水帯の恐れも

 日本海に停滞する梅雨前線の影響で、岡山県では7日明け方から大雨となっています。
 午後5時20分現在の24時間の雨量は鏡野町恩原で126.5ミリ、真庭市蒜山上長田で118.5ミリを記録しています。

 大雨により午後5時50分現在、西粟倉村、津山市、美作市奈義町、鏡野町に「土砂災害警戒情報」が出ています。
 西粟倉村のほかにも美作市、鏡野町、奈義町の一部にも「避難指示」が出ています。

 「土砂災害警戒区域」などでは土砂災害がいつ発生してもおかしくない非常に危険な状況です。引き続き自治体が出す避難情報などに十分注意し、身の安全を確保してください。

 7日は鳥取県と島根県で線状降水帯が発生しました。この雨雲が岡山県にも流れ込んできて強い雨になりました。

 7日夜から8日にかけての雨雲の予想では、このあと午後11時にはいったん雨雲が抜けていきますが再び大きな雨雲がやってきます。次々と雨雲が連なっていって8日午前4時には岡山県北部に赤色の強い雨域がかかる見込みです。

 「線状降水帯」が形成されるおそれがあります。その後線状に連なる降水帯は東に抜けていきますが、岡山県北部では断続的に雨が続きそうです。

 岡山県北部は未明から明け方にかけて局地的に激しい雷雨が数時間続く可能性あります。8日の昼過ぎにかけて岡山県では大雨や土砂災害に警戒してください。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース