ニュース

岡山県「警報級の雨になる恐れ」 13日以降も雨続く、早めに備えを

ADVERTISEMENT

 西日本に停滞する活発な前線の影響で12日朝から雨が降っています。
 午前中岡山県南部を中心に出ていた大雨警報や洪水警報は現在解除されていますが、13日以降も警報級の雨となる可能性があります。

【写真】雨雲の予想を見る

 この後の雨雲の動きを見ると、現在は小康状態になっていますが、13日未明から再び発達した雨雲が岡山県に流れ込む見込みです。午前6時には西日本から東日本にかけて非常に長い帯状の雨のエリアになる予想です。

 岡山県北部では30ミリ以上の激しい雨が降る予想です。その後も次々と雨雲が流れ込んできて長時間雨が降り続くでしょう。

 13日午後6時までに予想される24時間降水量は、多いところで岡山県南部・北部ともに100ミリです。

 この雨は13日だけでなく14日以降もしばらく続きます。14日も西日本を中心に活発な雨雲がかかり、警報級の雨になる恐れがあります。その後も、まとまった雨は週明けにかけて降り続く見込みで、低い土地の浸水や河川の増水、土砂災害などに引き続き注意が必要です。

 大雨に備え、不要不急の外出を控え、避難場所などの確認をしてください。



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース