ニュース

就実・創部初のベスト4 快進撃を支えるキャプテン 夏の高校野球・岡山大会【甲子園へのキセキ】

 夏の高校野球・岡山大会、準決勝が23日行われました。

 岡山大会の第1試合では創部初のベスト4に進出した就実がおかやま山陽と対戦しました。就実は、キャプテンの新田を中心にしっかり守ることでリズムを掴みます。

 サードを守るキャプテンの新田恭也を中心に固い守りを誇る就実。おかやま山陽打線を抑えて、さらに新たな歴史を刻むことを目指します。

 1点ビハインドの3回。就実はツーアウト3塁1塁のピンチを迎えます。

(実況)
「1塁ランナースタート。3塁ランナー突っ込んでくる。タッチはアウト」

 守備陣の好プレーで山陽に得点を許しません。

 5回。就実は1点を奪われなお3塁2塁のピンチ。新田は懸命に守備陣に声かけます。バッターは9番小坂。

(実況)
「ピッチャー返し、センター前に抜けていく、三塁ランナーホームイン、2塁ランナーもホームに帰って来る、ボールが帰ってきてタッチアウト」

 反撃したい就実は6回。2本のヒットで、ワンアウト2塁1塁のチャンスを掴みます。続くバッターは4番・妹尾。

 ファーストフライに倒れます。さらに5番・茂見。

(実況)
「見逃し三振、139キロのストレート」

 就実はあと1本が出ません。

 7回。表に2点を奪われ8点ビハインド。コールドゲームを阻止するには2点をとらないといけません。ワンアウト。新田は祈るように、集中力を高めます。

(実況)
「空振り三振ツーアウト」

 キャプテンの新田に打順がまわります。

(実況)
「ショート、2塁に送る、試合終了」【おかやま山陽 8-0 就実】

 快進撃の就実を引っ張り続けた新田の夏が終わりました。

(就実/新田恭也 主将)
「正直、悔しいという思いしか今はないです。甲子園に行くためにこの3年間やってきたんですけど、ベスト4という結果で満足できないので、次の代に任せて甲子園に行ってもらいたい」

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース