ニュース

子どもたちが防災グッズを制作 岡山市

 防災グッズを作る子供向けの工作教室が26日、岡山市で開かれました。

 民間の奉仕団体、岡山キワニスクラブが開いた工作教室には、小学生8人が参加しました。児童らは、太陽光電池で点灯するランプの飾り付けを行いました。

 停電時などでの使用を想定していて、実際に部屋の電気を消してみると……

 ハート柄や「防災」と書かれた個性豊かな紙コップのランプが点灯していました。

(参加した児童は―)
「地震の時とかに電気が消える時があるから、そういう時に便利ということを学んだ」

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース