ニュース

部活動などでワクチン接種できない児童・生徒を対象に夜間の集団接種開始 高松市〈新型コロナ〉

 高松市は、部活動などで新型コロナのワクチン接種が日中に受けられない児童・生徒を対象に夜間の集団接種を始めると発表しました。

 高松市の夜間の集団接種は10月29日の午後7時から午後10時まで行われます。対象は12歳以上の小・中・高校生です。

 高松市はこれまで、12歳以上を対象に土日に午後8時30分までの集団接種を行っていましたが、保護者から「部活動や塾で時間が遅くなり、接種が受けられない」という声があがったことから、夜間の接種の機会を設けました。

 高松市によりますと、10月14日現在で、12歳から19歳で2回接種を受けた割合は36.67%です。

 高松市は定員を140人あまりとしていますが、定員を上回る予約があれば枠を増やすということです。

 予約は10月23日から高松市のウェブサイトかコールセンターで受け付けます。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース