ニュース

コシのあるそうめんに甘いカヌレも 香川県産小麦の新商品

ADVERTISEMENT

 香川県産の小麦「さぬきの夢」の活用の幅を広げようと、香川県などが新商品を開発しました。

 コシのあるそうめんや甘いカヌレ。
 高松市で開かれた新商品の発表会では県内19の事業者が開発した26の商品が紹介されました。どれも香川県産の小麦「さぬきの夢」を使っています。

 小豆島手延素麺協同組合のそうめんは、のどごしや歯切れの良さが特徴です。

 高松市の洋菓子店「サンファソン」のクッキーは、さぬきの夢を100%使うことで軽やかな食感を生み出しました。

(野口真菜リポート)
「ほろほろ!ザクザクした感じも少しあって食べ応えがあります」

 「さぬきの夢」は香川県農業試験場が讃岐うどんのために2000年に開発したものです。県によると、今はお菓子やパンなどさまざまな商品の材料として県内外の140の飲食店で使われています。

 さらに活用の幅を広げようと香川県と県の菓子工業組合など6つの組合が2021年7月に商品開発などについての連携協定を結んでいました。

(香川県/浜田恵造 知事)
「非常に完成度の高いいろいろな仕上がりになっていると思いましたので、全国にも広がっていってもらえればと思っています」


関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース