ニュース

地域おこし協力隊のANA客室乗務員ら、中学生に空の仕事を紹介 香川・琴平町

ADVERTISEMENT

 香川県琴平町の地域おこし協力隊として活動している航空会社の客室乗務員らが26日、中学生に「空の仕事」を紹介しました。

 琴平中学校を訪れたのは、全日空の客室乗務員2人と高松空港で働く地上係員と整備士です。今回の特別授業は「空の仕事」について中学生に知ってもらおうと、2021年4月から琴平町の地域おこし協力隊として活動している客室乗務員の2人が企画しました。

 生徒はホールを飛行機の機内に見立てて、アナウンスや機内サービスを体験しました。

(機内サービスを体験した生徒は―)
「僕自身、重いものを持つのが苦手でバランス感覚がなかったのと、少し緊張してしまいました」

(アナウンスを体験した生徒は―)
「英語だったんで発音とかも難しかったんですけど、練習してできるようになって良かったです。やっぱりプロだなぁと思いました」



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース