ニュース

香川県庁の旧本館・東館が国の重要文化財に 戦後建築の庁舎で初 丹下健三がデザイン

ADVERTISEMENT

 香川県庁の旧本館と東館が9日付けで国の重要文化財に指定されました。戦後に建てられた庁舎としては全国で初めてです。

 香川県庁の旧本館と東館は1958年5月に建てられました。いずれも建築家・丹下健三がデザインしました。

 鉄筋コンクリート造でありながら柱や梁、ひさしなど日本的な建築様式を取り入れ、戦後の庁舎建築の典型として歴史的価値が高いと評価されました。

 建物だけでなく南庭の石灯籠や太鼓橋、猪熊弦一郎ら芸術家と作った家具57点なども評価の対象です。

 香川県で国の重要文化財に指定された建物はこれで30件、52棟となりました。



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース