ニュース

災害発生時の人命救助に 香川県警とドローン企業が協定

 災害発生時の人命救助に役立てようと香川県警とドローンの研究・開発企業が協定を結びました。

 香川県警と協定を結んだのは、観音寺市で防災対策用ドローンの研究や開発を行っている「空撮技研」です。香川県警本部で合田豊社長らが協定書に調印しました。

 体温など熱を感知する赤外線カメラ搭載のドローン。人が入れない災害現場でけが人の有無を確認するなど、情報収集が可能になります。  また、上空から被災地の状況を確認したり山岳遭難者を捜索したりと人命救助にも役立ちます。

(空撮技研/合田豊 社長) 「県警にも操縦してもらって迅速な対応をしていただきたいので、今後、訓練などを指導してドローンを有効に利用できるようになっていただきたい」

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース