ニュース

宇高航路の運航休止発表受け、伊原木知事「重大と受け止めている」 岡山

 四国急行フェリーが宇高航路の休止を決断したことについて、15日、岡山県の伊原木知事は「重大と受け止めている」と話しました。

(岡山県/伊原木隆太 知事) 「重大な決断をされたと受け止めている。早くこういう事態になったと率直な感想」

 宇高航路は瀬戸大橋の開通前と比べて輸送人数が30分の1、トラックの輸送台数は60分の1まで減っています。

 経営の悪化を受けて輸送事業者の撤退や休止が相次ぎ、2012年からは四国急行フェリーだけが運航していました。会見で伊原木知事は「1社になった時点で、安定的に運航を続けてくれると期待していた。今後は、2県2市と国とで対応を協議したい」と話しました。

新着ニュース