ニュース

えっ!食べられる農薬?香川大学などが「希少糖」を使った新しい農薬を開発

 食べられる農薬が開発されます。香川大学は新しい農薬を企業と共同で開発しています。原料は香川大学が開発した「希少糖」なんです。

(香川大学農学部/秋光和也 教授) 「食品として利用価値が高い希少糖が、農業用資材として新たな価値を持つことを今回発見いたしました」

 香川大学は、希少糖D-タガトースが持つ病原菌の発生を抑える効果について、農薬の研究・開発などを行う三井化学アグロと共同研究を続けています。  べと病やうどん粉病に特に効果があり、タガトースを散布した植物はそうでないものに比べて病気の発生が抑えられていることがわかりました。

 国際的に安全な食品として認められているタガトースが農薬として使えるようになると、出荷直前の散布ができるようになるなどのメリットがあります。

(香川大学農学部/秋光和也 教授) 「日頃皆さんが口に入れられるものが、そういうふうに病原菌の抗菌性を示すということが分かったということで、あまり想像もしていなかったような、そういう新しい分野が切り拓けたんじゃないかなというふうに考えています」

 香川大学と三井化学アグロでは安全面を生かしてできるだけ早く実用化したいと話しています。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース