ニュース

JR四国が減便と合わせ運賃の値上げ検討へ…「収入の回復が見込めない」

 7月の鉄道収入は2019年の4割ほどでした。JR四国は、収入の回復が見込めないことから、減便と合わせて運賃の値上げを検討する方針を明らかにしました。

(JR四国/西牧世博 社長) 「収入は今後どこまで回復するか、現時点ではなかなか見込みが立たない状況」

 JR四国の7月の鉄道収入は、2019年の40パーセントにとどまりました。また、8月1日から23日の速報値は、2019年の35パーセントとなっています。

 JR四国では9月以降、運賃の改定について検討を始め、早ければ2021年4月にも値上げする方針です。  運賃の改定は、消費増税に合わせた場合を除くと1996年以来です。

 また、早朝や深夜などの減便を早ければ9月にも再開すると発表しました。

新着ニュース