ニュース

岡山市公立中学校の半数が修学旅行中止 代わりに蒜山高原など県内の日帰り旅行を予定

 新型コロナウイルスの影響で岡山市の公立中学校の半数が修学旅行をやめ、代わりに日帰り旅行を予定していることが分かりました。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、岡山市の36の公立中学校は2020年度の修学旅行を中止としました。

 岡山市教育委員会によりますと36校中18校が修学旅行の代わりに、真庭市の蒜山高原など岡山県内の日帰り旅行を予定しています。

 一方、12校は「感染への不安が拭えない」などとして日帰り旅行も見送りました。他6校は検討中です。

 また、岡山市教委は修学旅行の中止に伴うキャンセル料が合わせて約1000万円になったことを明らかにしました。キャンセル料は全額、岡山市が負担します。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース