ニュース

JR高松駅で踏切事故防止キャンペーン 駅員らが交通ルール遵守を呼び掛け

 11月1日から10日までは、「踏切事故防止キャンペーン」期間です。4日は、JR高松駅で駅員らが踏切での交通ルール遵守などを呼び掛けました。

(呼び掛けの様子)
「踏切安全PR実施中です」

 JR高松駅では、駅員らが踏切事故の防止を呼び掛けるチラシなど約300セットを配りました。

 JR四国の管内では、10月に東かがわ市の踏切で自転車と列車が接触する事故がありました。

JR四国 安全推進室/眞鍋貞司 主席)
「踏切の一旦手前で止まる。左右確認していただく。これだけでいいんです。これを守っていただけたら踏切事故はなくなってくると思いますので、それを皆さんに気を付けていただきたいと思います」

 JR四国ではチラシを配るほか、キャンペーン期間中は踏切に閉じ込められた時の対処法を駅や列車内でアナウンスしています。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース