ニュース

オープンは約1カ月後 スキー場でリフト座席取り付けなど準備が進む 岡山・真庭市

 スキーシーズンを前に、岡山県真庭市のスキー場ではオープンに向けて準備が進んでいます。

 真庭市の「ひるぜんベアバレースキー場」です。

 12月19日に予定しているスキー場開きに向け、作業員13人が手分けして2人乗りの座席、159個の取り付け作業を行いました。

 座席の重さは約80キロ。軽トラックで運び込んでワイヤーに取り付け、手際良くボルトを締めていきます。12メートル間隔で固定します。

 ひるぜんベアバレースキー場では昨シーズン、雪不足で営業日数がわずか13日間と少なかったことから、入場者数は約3500人にとどまりました。 

 雪の状況に左右されますが、今シーズンは例年並みの約4万5000人の入場を見込んでいます。

(グリーンピア蒜山 総務部/亀山秀雄さん)
「今年は早くから降雪が期待されるので、たくさん早めに雪が降って多くのお客様に来ていただきたいと思っています」

おすすめ記事

新着ニュース