ニュース

21日は「冬至」 カピバラ夫婦もゆず湯楽しむ 香川・丸亀市

 21日は「冬至」です。1年で一番昼間の時間が短い日です。21日の昼間の時間は9時間50分と、最も長い夏至に比べると4時間半以上も短かくなりました。
 冬至の日にゆず湯に浸かることで、邪気をはらって清める慣習があります。人だけでなく「あの動物」もゆず湯を楽しんだようです。

 黄色いゆずが浮かぶ温泉に入っているのは…カピバラです。香川県丸亀市のテーマパーク、NEWレオマワールドのカピバラ温泉にはオスのルーシャンとメスのキャンディがいます。冬至の日に合わせてゆず湯を行うのは今回で4回目。

 香川県産のユズ20個ほどを浮かべたお湯に浸かる2匹の姿を、子ども連れの家族が見に来ていました。

(カピバラ温泉を見た子どもは―)
「(Q.1年できょうしか見れない)へぇー、よかった。カピバラってお風呂好きやなって思った」

 カピバラの毛が逆立つのは気持ちがいい印。44度の少し熱めのお湯に浸かって遠くを見つめる表情が何とも愛らしいです。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース