ニュース

山陽マルナカが「テニピン」用品を岡山県テニス協会に寄贈 子どもたちがテニピンを体験 岡山市

 山陽マルナカが、テニスと卓球を組み合わせた「テニピン」用品を岡山県テニス協会へ贈りました。

 山陽マルナカの大崎浩明営業企画部長が、岡山県テニス協会の東原篤理事長へ目録を手渡しました。贈ったのはラケットやボールです。

 「テニピン」とは手にはめる簡易のラケットでスポンジのボールを打ち合う競技です。

 岡山県テニス協会はテニスに親しんでもらおうと、「テニピン」を入門編として小学校で出前授業を行っています。

 26日は岡山市東区のテニスクラブに通う子どもたち10人が初めて「テニピン」を体験しました。

(岡山県テニス協会/東原篤 理事長)

「テニピンをもっともっと普及していって、テニスの活躍していってくれる層をもう少し増やしていきたい」

関連ニュース

新着ニュース