ニュース

その姿はまるで“翁”のよう…絶滅危惧Ⅰ類の「オキナグサ」を撮影 岡山・和気町

 名前に「翁(おきな)」とついた味わい深い植物をご紹介します。

 ふかふかした白い毛に覆われているのは、キンポウゲ科のオキナグサです。岡山県和気町の県自然保護センターで撮影しました。

 「翁」というのはおじいさんのことで、もともと花の後の綿毛を「翁」に例えたようなのですが、今の姿も「翁」のようですね。素敵に年を重ねたダンディーな紳士といった感じでしょうか。

 オキナグサはもともと身近な植物でしたが、今ではほとんど自生地がなく、岡山県版レッドデータブックで絶滅危惧Ⅰ類ということです。保全が必要ということですね。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース