ニュース

ネコの毛並みまでリアルに再現!お菓子でできた生き物展 岡山市

 生き物や植物を和菓子の材料で再現した「工芸菓子」の展覧会が岡山市で開かれています。

 質感までそっくりのカタツムリに色鮮やかな紅葉。

 和菓子の製造・販売を行う「源吉兆庵」が開いた展覧会には米粉や白あんなど和菓子の材料で作られた生き物や植物など約140種類が展示されています。

(記者リポート)
「すごい!まるで本物の三毛猫のようです。毛並みも一本一本がリアルに再現されています」

 初登場の三毛猫「三毛ナンジェロ」は、毛並みを再現するために生地を一本一本切り出して貼り付けているということです。さらに口にくわえた魚はバーナーで実際に炙ることで焼き魚の質感を再現しています。

 世界の珍しい生き物も再現しています。

 世界最大のカブトムシ「ヘラクレスオオカブト」と、大きなアゴが特徴的な「ギラファノコギリクワガタ」。色や形がランの花に似ているハナカマキリに、世界最大のチョウ「ゴライアストリバネアゲハ」など12種類の生き物が並んでいます。

(訪れた人は―)
「すごいと思う」
「花や自然の風景がお菓子で作られていて、すごく色とりどりできれいだと思った」

 この展覧会は8月25日まで岡山市北区幸町にある吉兆庵美術館で開かれています。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース