ニュース

衆院選・岡山2区 与野党前職の一騎打ち【第一声】

ADVERTISEMENT

 19日、約4年ぶりとなる衆議院選挙が公示され、岡山県では5つの選挙区に前職と新人の合わせて15人が立候補しました。

岡山2区には前職2人が立候補

 岡山2区は届け出順に、自民党・前職の山下貴司さん(56)、立憲民主党・前職の津村啓介さん(50)の2人が立候補しました。前職同士の一騎打ちです。

[自民・前]山下貴司 候補(56)

(自民党・前職/山下貴司 候補)
「その場限りの無責任な公約で日本を破綻させるわけにはいかないんです。もっともっと伸びようとする岡山、発展しようとする岡山を、もっともっと成長させる。それを皆さんと一緒に、ふるさとの皆さんと一緒にやりたいんです。これが私の成長戦略です」

▼山下貴司 候補の第一声(約2分)

[立憲・前]津村啓介 候補(50)

(立憲民主党・前職/津村啓介 候補)
「小さくてばらばらな野党を卒業します。誹謗中傷の政治を卒業し、与野党がお互いにリスペクトを持って、政策を建設的に現実的に議論をする、そんな理想の当たり前の政治を取り戻す」

▼津村啓介 候補の第一声(約2分)



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース