ニュース

北京五輪アイスダンス出場 小松原美里・尊組が抱負 岡山・倉敷市

ADVERTISEMENT

 北京オリンピック・アイスダンスに出場する岡山県出身の小松原美里(こまつばら・みさと)選手と、ペアを組む夫の尊(たける)選手がオリンピックに向けた抱負を語りました。

 2021年12月に行われた全日本選手権で優勝し、オリンピック出場の切符を掴んだ小松原美里・尊組。

 2021年11月に行われたグランプリシリーズのNHK杯で村元哉中・髙橋大輔組に敗れ、オリンピックに出場できないかもしれないという大きなプレッシャーの中で全日本選手権に臨んでいました。

(小松原美里 選手)
「NHK杯の後で二人でしっかりしゃべることが出来て、二人で一緒に滑りたいし、もしオリンピックに出られなかったとしても、いい作品を届けたい、選手としてもっと成長したいと思ったところがあったので、先を見据えることが出来たのでさらに(全日本選手権で)成長出来たんだと思う」

 これまでカナダやアメリカに練習拠点を置いていた二人は、全日本選手権の直前から現在も倉敷市のスケートリンクで練習を行っています。

美里選手:「すごく奇跡的なことで、岡山でギリギリまで練習してオリンピックに臨めるとは思っていませんでした」
尊選手:「全日本の前に岡山に戻ってきて、本当に(演技が)安定しました。これは自分のホームになったと感じました」

 二人の験担ぎは、なんとチョコレートだそうです。

尊選手:「大きな大会の前にお互いにキットカットを渡す」
美里選手:「3年前ぐらいに始めて抽選の前にポケットに入れておくんですけど、それで触って引く」
尊選手:「今回(全日本選手権)の抽選は温かくなってきたから、とけた」

 強い絆で結ばれた二人は、観客の心を揺さぶるような演技をすることがオリンピックでの目標だそうです。

尊選手:「帰化した日本人で、日本代表になった人は少ないと思うので、まずは日本人として、日本代表で頑張りたいと思っています」
美里選手:「心を動かしていただけるとか、しんどいことを忘れられる一部になれればいいなと思っています」



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース