ニュース

検査キット不足…岡山県民向けの無料検査にも影響〈新型コロナ〉

ADVERTISEMENT

 新型コロナウイルスの感染急拡大により、感染の有無を調べる「抗原検査キット」が全国的に不足しています。岡山県が、希望する県民に無料で行っている検査にも影響が出ています。

(岡山市北区 こやま薬局青江店では―)
「これが今の在庫、20人30人来れば1日2日で無くなってしまうくらいの量。希望者がたくさん来たらどうしようというところで、すごく不安な中、対応している」

 検査会場のひとつ、岡山市北区のこやま薬局・青江店では1日20人程度が抗原検査を受けにやってきます。

 検査キット不足や希望者の増加に備え、25日から予約優先制にしました。通常業務も抱える職員の負担を減らす狙いです。

(ケイ・クリエイト[こやま薬局を運営]/金田崇文 取締役総括部長)
「うちの薬局ではできませんとなってしまうのは避けたい。我々がこの検査を受けるというところの役割を続けていけるように、というところで」

 岡山県では25日現在、110の薬局や医療機関でPCR検査や抗原検査を受けられますが、検査キットの不足を受け、予約の受け付けを停止したり、早めに締め切ったりしているところもあります。

(ケイ・クリエイト[こやま薬局を運営]/金田崇文 取締役総括部長)
「可能であれば電話で一度問い合わせをいただけるとスムーズに進むと思うのでお願いしたい」

 国は、国内のメーカーに検査キットの増産を要請したと24日に明らかにしましたが、こうした状況はしばらく続くかもしれません。



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース