ニュース

イオンモール岡山がリニューアル 「無印良品」では地元野菜や『MUJI Labo』の販売スタート

ADVERTISEMENT

 イオンモール岡山がリニューアルです。生活雑貨店「無印良品」では地元野菜の販売に力を入れています。

 1階の無印良品は、売り場が500平方メートルほど広がりました。

(荻津尚輝リポート)
「こちらのカリフラワーは岡山県産。隣にある赤タマネギも岡山県産です。ここに置いてある野菜は全て県産の野菜なんです!」

 リニューアルの目玉は地元食材のコーナーです。岡山県内の農家から仕入れた旬の野菜などを販売しています。

(無印良品 イオンモール岡山/永尾亮 店長)
「(岡山県は)たくさんの農作物が育つ地域です。それを改めて地元の人たちに知っていただく」

 売場では生産者のこだわりがPOPなどで紹介されています。

(無印良品 イオンモール岡山/永尾亮 店長)
「それぞれの作物に対してのこだわりを知ってもらうことで、より食べる時においしさを感じていただけると思いますので」

 衣類品のコーナーには、性別や年齢にとらわれず誰もがリラックスして着られるシリーズ「MUJI Labo」が。シンプルなデザインで、全て男女兼用です。岡山県ではこの店のみの販売です。

(無印良品 イオンモール岡山/永尾亮 店長)
「イオンモールの中でも広いスペースをいただいておりますし、岡山県の人にも知っていただきたいという思いもありますが、外から岡山県に訪れる方にもぜひ岡山県の素晴らしさを知っていただけるようにその役割を担っていきたい」

 イオンモール岡山ではこの他、さまざまな靴を取り扱う「ABC-MART」が新たに出店するなどしています。



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース