ニュース

仮想現実VR技術で新しい買い物体験 香川・高松市

ADVERTISEMENT

 新しい買い物の楽しみ方が増えるかもしれません。香川県高松市で、高齢者が仮想現実・バーチャルリアリティの技術を使って買い物を体験しました。

 運転免許を返納したり、体が不自由になったりして外出する機会が減った高齢者に家にいながら、買い物を楽しんでもらおうと高松市などが実証実験として行ったものです。従来のインターネットショッピングとは違います。バーチャルリアリティを活用しているため、お店の雰囲気を味わいながら買い物ができます。

 バーチャルリアリティというと専用のゴーグルを使用するイメージがありますが、このシステムでは必要ありません。パソコンやスマホで簡単にできます。

(体験した人はー) 「機械にだんだん遠のいているからなかなか難しいけれど、手軽にお店全体が把握できて商品も(購入)できるから便利だなと思いました」 「商品だけでは味気ない。でも自分が、実際お店に行っているような雰囲気の中で買い物をするっていうのは、今までの日常と一緒でしょ。だからすごく楽しい」

 高松市では、体験した高齢者の意見などをもとに、この取り組みについて検討する方針です。



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース