ニュース

高松空襲の語り部が小学校で講演 児童に戦争の悲惨さ、平和の尊さを訴える 高松市

 高松空襲の語り部をしている男性が高松市の小学校で講演し、子どもたちに今が平和であることの尊さを訴えました。

 高松市立多肥小学校の6年生、約200人を前に講演したのは浄土卓也さん(80)です。浄土さんは北海道で育ち、高校の教師として高松市に赴任しました。

 浄土さん自身は高松空襲を経験していませんが、今は語り部として空襲や戦争の悲惨さを伝えています。浄土さんは空襲では、幼い子どもも犠牲になったことをあげて、「今生きていることがどれだけ幸せなのか」を訴えかけました。

 このほか、児童たちは高松空襲に関する紙芝居を朗読したり実際に投下された焼夷弾を触ったりして、戦争について学んでいました。

(児童はー) 「この先、数世代後とか、そのときに私が戦争の恐ろしさを伝えていけるようになりたいなと思いました」

(浄土卓也さん) 「今、平凡とね、みんな思ってるかもしれない。一番それが幸せなんだから、それを大事にして欲しい」

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース