ニュース

新型コロナウイルスをマスク着用や健康カードで警戒 観光地などで予防対策 高松市

ADVERTISEMENT

 国内での感染が懸念されている新型コロナウイルス。各地の観光施設などでは対策が始まっています。

 高松市の栗林公園では28日から入園窓口の職員は、全員マスクを着用して応対しています。また、手洗い用の消毒液も設置しました。

 2019年度の栗林公園の入園者数は約71万人で、そのうち中国からの観光客は約1万9000人でした。

(観光客はー) 「そういう対策をしてくださっているとすごく安心です」 「気を遣ってくれているのはいいことだと思います」

 一方、高松空港の検疫所では1月24日から、上海便と香港便で入国や帰国する人全員に健康カードを配布しています。  せきや発熱などの症状がある場合、マスクの着用や医療機関での受診を促すものです。

 一方、高松市の一部のホテルでは中国人観光客の宿泊キャンセルが1日数件ありました。  団体客の予約はほとんど入っていなかったため、大きな影響は出ていないということです。


関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース