ニュース

戦争の悲惨さ、平和の尊さを伝える「高松空襲」の写真展 高松市

 7月4日で高松空襲から75年を迎えます。戦争の悲惨さと平和の尊さを感じてもらおうと「高松空襲」の写真展が6月27日から高松市で開かれています。

 1945年7月4日未明、アメリカ軍による空襲で高松市中心部の約8割が焼け、1359人が亡くなりました。

 高松市平和記念館では空襲の写真やパネルなど当時の資料23点が展示されています。高松空襲を経験した人が描いた絵も展示されています。

 焼夷弾が降り注ぎ、火の海となった中心市街地。逃げ惑う人々の必死さが表現されています。

 他にも、あたり一面が焼け野原となる中残ったお釈迦様の絵などが展示されています。

 高松空襲写真展は、7月6日まで開かれています。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース