ニュース

車いすバスケ元日本代表の根木慎志さんが小学校訪問「認め合い、助け合う大切さ」伝える 三豊市

 車いすバスケの元選手が香川県三豊市の小学校を訪れ、互いの違いを認め合い、助け合う大切さを児童に伝えました。

 三豊市立勝間小学校を訪れたのは、シドニーパラリンピック車いすバスケ日本代表の根木慎志さんです。

 5年生と6年生合わせて45人が参加し、競技用の車いすに乗ったり実際にシュートを打ってみたりしました。  根木さんは児童に、「できないことを工夫して補う」ことや、「周りが困っていたら手助けする」ことで多くの障害が乗り越えられると語りかけました。

(児童はー) 「恥ずかしくても、挑戦することが大切だと思いました」 「階段上がったりしたりするのができなかったら、一緒についていったりサポートしてあげたい」

(車いすバスケ元日本代表/根木慎志さん) 「互いのことをわかろうとする、理解しようとすることによって協力し、支え、応援する。その中で当たり前のように困りごと、障害っていうのもなくなっていくよねって」

新着ニュース