ニュース

新鮮なキャビアと北海道産の最高級バターで「キャビアバター」開発 岡山県新見市の養魚場

ADVERTISEMENT

 新見市でチョウザメを養殖している会社が新商品「キャビアバター」を開発しました。

 5種類の色とりどりのキャビアバター。新鮮なキャビアと北海道産の最高級バターが使われています。

 新見市唐松の養魚場「MSファーム」が開発したものです。  MSファームは約1万7000匹のチョウザメを飼育していて年間70キロから100キロのキャビアを生産しています。

(MSファーム/立花誠至 業務管理部長) 「キャビアに次ぐ第二の主力商品。これを作りたいな。魅力的な商品開発ができた」

 今回のキャビアバターの開発にはホテルオークラ岡山の元総料理長、湯浅薫男さんが協力しました。

(ホテルオークラ岡山 元総料理長/湯浅薫男さん」 「今回できたのがバターペースト状にしたら最高なんができますよ、ここのは」

 しっとり柔らかく仕上がったキャビアバター。今後、価格やパッケージのデザインを決め、10月中には岡山県内のデパートや通販サイトなどで販売を始める予定です。


関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース