ニュース

年末年始をぜいたくに♪キャビア・チョウザメを使った新商品 岡山・新見市

 岡山県新見市でキャビアを製造・販売している会社が新たな商品を開発しました。

 新見市唐松のMSファームは約1万5000匹のチョウザメを飼育し、年間100キロのキャビアを生産しています。

 24日に発表された新商品は、キャビアとチョウザメをふんだんに使った「クリスマスギフト」など3種類です。

 「クリスマスギフト(2万3760円 税込み・送料込み)」は世界の高級食材とチョウザメ・キャビアが夢のコラボレーション。オマール海老やタラバガニなどを使ったすべての料理にチョウザメの身やダシかキャビアが使われています。

 さらに、お歳暮用のギフトや「千屋牛」とキャビア・キャビアバターを組み合わせた新見市を楽しめる商品も誕生しました。

(新商品を開発 MSファーム/湯浅薫男 執行役員)
「新見にはA級なものがチョウザメもあれば千屋牛もある。無理に外国の魚を買わなくても白身魚のいいのがあるんです」

 予約は、電話・FAXまたはインターネットショップで受け付けています。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース