ニュース

温かくすっきりと…高校生が「うどんに合う日本酒」のラベルをデザイン! 香川

 香川県の特産品「うどん」と合う日本酒の新しいラベルデザインが決まりました。デザインしたのは高校生です。

 香川県の酒造組合やさぬきうどんの組合などで構成する団体が、「うどん」と「地酒」をともにPRしたいと2014年から販売しているのが「うどんに合う酒」です。

 より広い世代に親しんで欲しいと、発売以来初めてラベルの変更を決めました。

 若い人の感性を生かして欲しいと、デザインは高松工芸高校デザイン科の生徒から募集しました。

 応募のあった27の作品から優秀な3つの作品が選ばれ、12日表彰式が行われました。最優秀作品はデザイン科3年・竹内夏子さんのデザインです。

 若い世代にも手に取ってもらいやすいようにと、温かくすっきりとしたデザインにまとめています。

([最優秀作品をデザイン]高松工芸高校 デザイン科3年/竹内夏子さん)
「まだ私は飲むことはできないんですけど、両親にぜひ買って飲んでもらいたいなと思っています」

 新しいラベルは6月初旬から店頭に並ぶということです。

関連ニュース

新着ニュース