ニュース

コロナ禍で迎えるバレンタイン チョコだけじゃないお楽しみも 岡山の市場をチェック♪

ADVERTISEMENT

 2021年はコロナ禍で迎えるバレンタイン。専門店やデパートに加え、今年は意外な業界からの市場参入もみられます。

チョコレート専門店の人気商品は…

 甘い香りが漂う店内。ショーケースにはかわいらしい商品が並びます。

 チョコレート専門店レオニダス岡山店です。リボンが目を引くバレンタイン限定セット。ヘーゼルナッツとコーヒー風味のクリームをホワイトチョコで包んだ「マノンカフェ」が人気です。一粒一粒に専門店のこだわりが詰まっています。

「ご褒美チョコ」が人気♪

(記者リポート)
「去年までは1メートル50センチ程だった通路の幅を、密を避けるため今年は2メートルに広げました」

 岡山高島屋には約1500種類のチョコレートが集まりました。

(岡山高島屋 食料品売場/松谷祥弘 次長)
「やっぱりよりいいもの、こだわったものを贈りたいという気持ちを持っているのが大きな特徴だと思います」

 巣ごもり需要でちょっと贅沢な自分へのご褒美チョコレートが人気です。

珍しい商品も…

 ベルギーのチョコレートショップが作るカカオを使ったカレーです。

(記者リポート)
「食欲をそそる良い香りがします。ピリッとしていますがカカオの風味でまろやかに感じます」

チョコレートに込めるさまざまな思い

 岡山高島屋ではイートインメニューの提供や巣ごもり需要を見込んで、前の年より売り上げ30パーセントアップを目指しています。

(娘のチョコを買いに来た人―)
「感染対策もちゃんとしてると思うので、こういうのがあると嬉しい。これからも元気に大きくなってくださいという思いも込めて」

(夫のチョコを買いに来た人―)
「普段お仕事頑張ってくれているので、ありがとうと感謝の気持ちを込めて贈りたいと思います」

意外な業界もバレンタイン市場に参入

 コロナ禍を乗り切るため意外な業界もバレンタイン向け商品を作りました。

 イチゴが旬を迎えている岡山県の美作農園です。採れたてのイチゴがゴロリと詰まったチョコフォンデュのセットです。これまで農園で提供していた人気メニューをネットで販売します。

 美作農園は新型コロナの影響で関西からのイチゴ狩りのツアー客が激減、1月は前の年の半数以下に落ち込んでいます。

(美作農園/笠原真由子さん)
「特別な日に、おうちでゆっくりとおいしいイチゴを味わいながら楽しんでいただきたいと思います」

 今年のイチゴは冬の寒さが厳しかったため、甘みがぎゅっと詰まった大粒になりました。

 コロナ禍で迎えるバレンタイン。自分へのご褒美チョコから、作り手の思いが詰まった商品まで、様々なチョコがそろっています。


関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース