ニュース

消防士と保育を学ぶ学生がタッグ 園児向け「火災予防カードゲーム」 岡山

 消防士と保育士のたまごたちが、火災予防について学べる園児向けのカードゲームを作ります。

 岡山市消防局と中国短期大学・保育学科の学生によるプロジェクトです。

 カードゲーム「きみも火災調査員」は、岡山市消防局が小学生以上を対象に2019年に作ったものです。

 24枚のカードには、実際の火事の原因調査をもとにした絵が描かれていてクイズを通して火事の原因などを学べます。

 この日はどんな遊び方をすれば5歳くらいの子どもが興味を持ってくれるかをグループで話し合いました。

 カードゲームは学生のアイデアをもとに改良し、2022年度に岡山市の保育園に配る予定です。

(中国短期大学 保育学科/藤原ほのかさん)
「子どもたちがすぐに手を出しやすい遊びになったらいいなと思います」

(岡山市消防局 予防課/浮田優樹さん)
「父親・母親に子どもが防火の輪を広げる、それが高齢者までつながれば。(今後、学生から)もっと豊かな発想が出てくると期待しています」

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース